肥後時間

宮崎に続いて、今度は熊本へ。会社決算に必要な手続きのため銀行の窓口に行くのが目的です。最寄りの支店まで車で往復5時間。業務の効率、コスト、ひいてはエコロジィなどを考えると、仕事の大部分がリモートで完結する我々の業種ですら、都市部に拠点が集中するのは自然な流れだと思えます。

帰り道に出会う空の下で車を降りてみると、今度は、いつもそういう小さなことを考えて汲々としている自分がとても滑稽に思えてきます。九州では、海も山も空も果てしなく大きいです。

アイザック・ディネーセンは「私は希望もなく、絶望もなく、毎日ちょっとずつ書きます」と言っています。
村上春樹 – 職業としての小説家

日向時間

週末は美郷町経由で宮崎へ。途中で時間規制の通行止めに引っかかって、山奥の路上で50分待ち…。まあ、そんなこともあるさ、って景色を眺めてのんびり時間をやり過ごす思考回路は、自然と共に暮らしてきたからこそ身につくのかもしれません。

50分待たされたお陰で、なんとなく思考回路が切り替わって日向時間の魂が自分にも戻ってきたみたいな旅でした。元々の予定はもう適当に無視して、温泉の看板を見つけて入ってみたり、たまたま出会った海外からの観光客と一緒に観光地を巡ってみたり。のんびりゆったり、だけど楽しさでお腹いっぱいです。

日向時間
宮崎人の時間にルーズでのんびりした性質を表す言葉

ジブリの立体構造物展

出張の最終日に時間がとれたので豊田市美術館に寄ってきました。

絵と音と物語が持つ圧倒的な情報量。ジブリ作品は何度観ても毎回新しい発見がある、と某有名デザイナ氏が語るのも、さもありなん。

美術館を歩くと、時々突拍子もないことを思い付くのも、そうした言語外の情報が無意識の思考を刺激するからなのかもしれません。

雨・宮崎

宮崎に来るといつも雨。

自分にインプットされてきた情報を元に対象の思考を類推する。コミュニケーションって、お互いの類推(言い換えれば”誤解”)を積み重ねて中央値を探ることなんだと思います。

万物に意識が宿る…アニミズムも、ここに繋がります。旅先でいつも天気が悪いのは、誰かが「少し休んで行きなさい」って言ってくれてるのかもしれません。

今日から、大阪・名古屋出張です。

宮崎

滞在先のすぐ近くで蛍を見つけました。小さな池のほとりを一匹だけふわふわと。目の前まで飛んできたので、手で簡単に捕まえることができました。しばらく手の中で光っていましたが、何かを思い出したかのようにフッと飛び立って、そのままどこかへ。

et lux in tenebris lucet 光は暗きに照る(出典:夜と霧)。儚い光が呼び起こしてくれる記憶と思い出はいつもとても綺麗です。

六本木、Minority Report

犯罪予知が可能になった世界。電車に乗る人々が手に持った端末には最新のニュースが次々に配信され、壁面広告が語りかけてくる…。映画の中で描かれていた近未来の世界がもう当たり前のものとしてそこにあります。

六本木に滞在しながら、IBM Watson Summit 2016に参加しています。ビックサイトでSoftbankがWatsonと提携した話を聞いたのが、ちょうど一年ほど前でした。ニュースから判断する限り、GoogleやMicrosoftに遅れをとっているのでは?という感じのあるWatsonですが、実際のところはどうなのかじっくり調べたいと思います。

天王洲とCognitive computing

ここ最近の画像認識の分野の進歩は速く、以下のような写真をAIに見せると、ワインですね、高層ビルですね、と正確に答えを返してきます。2,3歳の子供が世界を認識して言葉を覚え始めたレベルでしかない、と言われればその通りですが、成長と革新のスピードはまだまだ衰えていないように見えます。

IMG_1757 IMG_1762

余談ですが、データ分析の土台にデータ・ウェアハウスならぬデータ・レイクという言葉があるんですね。あんまり丁寧に溜め込んでもどうせすぐ陳腐化しちゃうから、もう何も整形せずに全部突っ込んでおいて、必要な時に探り出すんだそうです。Gmailなんかは、この手法の成功例だと思いますが、もっと高度なデータ解析についても、同じようなトレンドが来ているのでしょうか。

靱公園

月に一度だけ父親に戻れる日…とはもう書きにくいですね。彼女らにはもう新しい家族が居て、自分の知らない新しい生活の中で日々成長しています。

誰かにとって必要不可欠な存在でなくなる、って寂しいことなんですけれども、その穴を埋める何かもきっと見つけられるはず。自分を支えてくれているものを一つずつ確認しながら、自分に何が出来るのかをしっかり考えましょう。

Colorfulな薔薇の花と子ども達の歓声の中で。素敵な休日でした。

ハーバーランド

人間がデザインした自然、というと矛盾している感じがしますけど、高千穂の棚田も、神戸の海岸も人間が形を決めたものです。どこまでがアーティファクトで、どこからがナチュラルなのか?って誰か定義していたりするんでしょうか。

潮の香りがする土地に住んでみたいな、と、時々思います。

セントレアでノマド

お昼頃にはセントレア(中部国際空港)に到着。展望デッキのベンチ、電源付きの作業スペース、スタバなんかを行ったり来たりしながらPCで作業しています。疲れたらマッサージも温泉もあるし、大抵の美味しい食べ物はあるし、あとはゴールドカード一枚持ってラウンジで無料のビール飲めるようにしたら完璧かな…。熊本空港から先が車なので帰りは飲めないのが残念ですが。

時々外で仕事をするのは、今までなんとなく後回しになっていた課題が進んだりして、悪くないような気がします。しかし、やっぱり「外」というのは知らず知らずのうちに気を張っているもので、継続的にやるのは難しいだろうな、とも感じます。最近、何を書いても「要はバランス」という結論に到達してしまいますな…年をとったんでしょうか。

下関、豊田、一宮

高千穂から下関まで高速道路、下関から名古屋まで新幹線、というちょっと変わった旅程で3泊4日の出張に出かけてきました。

こんなに長距離(片道250Kmくらい)を運転したのは久しぶりです。しんどいと言えばしんどいんですけれど、「嫌いじゃない、むしろ好きかも」と思い込めたら、どんなことでもそれなりにこなせたりするんですよね。こないだ高校生向けにちょっと話したことですが、そういう環境を上手に用意できるかどうかが「仕事の出来る人」になれるかどうかの分かれ道なんじゃないかなぁと思ったりします。Deep purpleのHighway star(とか)を聴きながら帰ってきたらあっという間でした。歌詞の”I seed her” ってどんな意味?!